Social Media Marketing

個人ではもちろん、今や多くの企業が公式アカウントを作り、集客活動に利用しているSNS。

単にアカウントを作るだけなら簡単ですが、それを集客に結びつけられているかどうかは、SNSマーケティングのコツを押さえられているかどうかが鍵を握っています。

今回は、SNSマーケティングのコツを、各SNSの特徴とともにご紹介していきます。

そもそも、SNSマーケティングとは?

SNSマーケティングとは、 TwitterやInstagramといった人気SNSを活用して、消費者とのコミュニケーションをとり、企業や商品に対してのファンを増やしていくことによってユーザーの購買活動につなげていく手法のことを指します。

SNSマーケティングの特長は、ユーザー(顧客)と直接的にコミュニケーションをとることができるため、ダイレクトに消費者の声や反応を把握することができる点です。

また、「シェア機能」により、情報の拡散性が非常に高いことも特長です。一人の顧客が投稿したコンテンツが、その顧客のフォロワー同士で拡散されていき、コメントを交換しあったりすることで、情報が幅広く拡散されていく可能性を秘めています。

SNSマーケティングがもたらすもの

では、実際にSNSマーケティングを行うことによって、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

01 認知度の向上

先述したとおり、SNSでは「シェア機能」が充実しています。ユーザーに投稿をシェアしてもらうことができれば、そのユーザーのフォロワーにもその投稿を見てもらえるようになるので、認知度が一気に高まります。

商品やサービスの認知度を上げたい場合、その投稿をシェアしてもらえるような工夫を行えば、必要以上の広告を出稿しなくても認知度を高めていくことができます。

また、最近ではSNSでの検索が主流となりつつあります。

従来は、GoogleやYahooといった検索エンジンを利用した検索が主な手法でしたが、TwitterやInstagramのハッシュタグ(#)を使って情報収集をすることで、より最新でリアルな情報をキャッチすることができるようになりました。SNSを使った検索は、今後さらに主流となる検索方法になる見込みがあります。

02 顧客ロイヤリティのアップ

ユーザーとの直接的なコミュニケーションにより、企業(商品)と顧客とのあいだで高いエンゲージメントを構築することができます。エンゲージメントが構築されることによって、顧客ロイヤリティも向上し、顧客がまた新たな顧客を紹介したり、顧客が長期間その企業(商品)のファンであり続けるなどといったことも期待できます。

単なる集客や売り上げアップだけでなく、企業や商品のブランディングにも非常に有効な手段となります。

03 ユーザーの本音を把握しやすい

SNSでは、商品やサービスについての投稿をするユーザーを見つけ、ユーザーのリアルな声を吸い上げることができます。

また、自社の商品やサービスについて投稿しているのはどんな人なのかもSNSを通じて把握することができるので、ターゲットの選定をより綿密に行うこともできます。

SNS別・マーケティングのコツ

SNSの種類によって、マーケティングを行うコツは異なります。

今回は3つの代表的なSNSについて、ポイントを整理していきます。

■Twitter

140字以内のテキストを投稿できるSNSです。テキストベースのSNSであり、ほんのちょっとした出来事やひとりごとのようなものも、気軽に投稿できることがポイントです。

必ずしも実名を名乗る必要はないので、匿名でアカウントを作成するユーザーも多いため、本音を吸い上げるのに適したSNSです。

また、即時性やトレンドに関するツイート検索を行うのにも適しています。

■Facebook

原則実名を使ってアカウントを作成するSNSで、実際に交友関係のあるユーザー同士が交流することがメインとなります。Twitterと比べるとやや閉鎖的で、年齢層では40代以上のユーザーがメインになりつつあります。

ビジネスシーンでは、名刺代わりにFacebookで友人になることも多いため、どちらかというとB to B のサービスにおけるマーケティングに適しています。

■Instagram

写真や動画といった、視覚的に楽しめるSNSの代表格がInstagramです。飲食店や美容業界では特にブランディングに多く活用されており、ファンも増やしやすいSNSとなっています。

ユーザー層は10代からの若者の比率が高く、ハッシュタグの活用も盛んであるため、ユーザーに自社商品のハッシュタグをつけてもらえるようになれば、一気に認知度拡大につなげることも可能になります。

今では、インスタグラマーといったインフルエンサーも増えており、インスタグラマーを活用して商品紹介を依頼することにより商品の認知度拡大や売り上げアップにつなげるといった戦略も可能です。

SNSマーケティングを行う際の注意点

最後に、SNSマーケティングを行うにあたっての注意点をご説明します。

日々の運用には作業工数がかかる

アカウントを作成すること自体は非常に簡単ですが、日々、投稿を続けアカウントを運用し続けるためには、一定の工数が必要になります。

中途半端な運用をしてしまうと、企業としての信頼度を逆に損ねてしまう恐れもあるので、運用を始める際は、誰がどれくらいの時間をかけて運用を行うのか、運用担当者なども明確にして計画的に行うようにしてください。

SNS炎上の恐れがある

SNSには数多くのユーザーが存在しています。ビジネスアカウントを運用する際は、誰かを傷つけたり、非難するような内容を投稿していないかどうか、十分注意をして運用を行ってください。

投稿担当者自身はその気がなくても、誰かにとってはその投稿が不快に感じることもあります。ネガティブな内容や挑発的な内容の投稿になっていないか、第三者のチェックも定期的に行いながら、アカウントを運用していく必要があります。

まとめ

SNSマーケティングは、今まさにホットなマーケティング手法の一つです。ユーザーがファンになり、エンゲージメントを高めていくことで、継続的な購買にもつながりますし、拡散力も強いことから、数珠つなぎのようにどんどんとファンを増やせる可能性もあります。

そのためには、自社の商品やサービスは、どのSNSと親和性が強いのか、誰がどれくらいの頻度でそのSNSを運用していくのか、SNSマーケティングを行うことによって、どういった結果を出していきたいのかなどを明確にすることがポイントとなります。

正しく計画を立てて、SNSマーケティングを成功させてくださいね。